大型ウイング車

9600mm低床車:14台
9600mm高床格納ゲート車:1台

 

 

 

大型ウイング車はどんな車両?

ウイング車は、荷室側面上部が翼を広げた鳥のように大きく持ち上がり、下部のアオリを切れば荷室側面を全面開口することができる特殊車両です。
天井固定型のウイングボディのほかに、天井の支点を中心に天井部分と側面が90度近く持ち上がる天井一体型ウイングボディが存在します。
後者のタイプが最も普及しているウイング車です。

なかでも10トン以上の大型トラックをベースに製造されたのが、今回ご紹介している『大型ウイング車』です。
車両規格の上限に合わせて製造される大型クラスには、ロング・ワイドなどのバリエーションがないため、車両サイズの構成は他のクラスのウイング車と比べると至ってシンプルです。

ウイングを閉じた荷室はアルミバン同様の密閉空間となり、風雨の影響を受けずに安全に運べるため、高い運送品質を保持することが可能です。
そのため、コンクリート管・大型機械・橋梁などのような大きな建材のほかに、大量の食料品や日用品を運ぶのにも適しております。
車種によっては振動吸収などの特長があるため、精密機械を運ぶ際にも活躍します。


名古屋市などで運送は運送会社アイチ・ジェー・ブイ
ただいま、大型トラックドライバーを求人中です!
〒454-0815 愛知県名古屋市中川区長良町5丁目94番地
電話:052-363‐5831 FAX:052-363-5815